FC2ブログ
黒茶色日記
黒ラブとバセンジーのまったり日記です。
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月22日の出来事。
2010年に入ってから、ラブは緑内障になってしまい、右目は
失明してしまいました。

犬という生き物は、動物は、ラブは、適応能力が高く、たくましい。
たまには頭を打ったりしてましたが、片方の目が見えなくなっても、
それまでと変わりない生活を送ることができていました。

しかし、眼圧が下がらず、目が膨張してきて、いくつかの治療を試すも
なかなかはっきりした効果は出ませんでした。

試行錯誤、紆余曲折、悩んで悩んで、眼球摘出の手術を受けることにしました。

2010年4月22日午前11時30分頃。
「じゃあね、頑張ってね。いいこでね。」
最後にラブにかけた言葉。
行っちゃうの?置いていくの?と、びっくり顔で、鼻を鳴らすラブ。
これが、最後に見た元気なラブの姿です。

手術の為に、麻酔を掛け、抗生物質の注射をしたところ、ラブは嘔吐し、
その後、麻酔から覚醒せず、午後8時過ぎに眠ったまま死んでしまいました。

何があったのか。
獣医師の話によると、麻酔が、強く効き過ぎた・・・?
要領を得ず、はっきりした事は言って貰えませんでしたし、
それを問い質したところで、ラブが帰ってくるわけでもなく。

元気でした。
眼圧が上がってても、おそらく痛みがあったはずなのに、凄く元気でした。
なのに、何故。
目を治したいだけだったのに。
経過がよけれ土曜日(4月25日)には、退院できると言われてたのに。
ラブは帰ってきません。
ものすごく、心が苦しい。
なぜ、私は、あの日、手術の決断をしたのか。
私の決断が、ラブを、死なせてしまった。

ごめんね、ラブ。
びっくりしてるでしょ?
急に置いていかれて、眠らされて、そのまま起きられなくなって。
理解できているかな?
今、どこにいるのかな?
さみしくないかな?
寒くないかな?
お腹すいていない?
ラブ、ラブちゃん、可愛いラブちゃん。
会いたいよ。

2006
2006年の写真。
ラブと出会って、まだ日の浅い頃。
ラブが若いなぁ。黒々してるなぁ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なけて・・・
涙が止まらないからまた来るね。
2010/04/24(土) 18:45:26 | URL | はなケンママ #81/lD5GQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。